お問い合せ
HOME トピックス朝鮮半島と日本列島の使命悠久の河-和の文化を創造世界の平和と水の偉人イベント出版物研究所の歴史アーカイブス電子書籍
20171126八雲立つ日本・出雲から陽が昇る
20171126八雲立つ日本・出雲から陽が昇る
20170408野田一夫先生講演会・座談会
20161120朗読劇 悠久の河
20160801第2回水と火の祭
20160410八雲ゆう游こいのぼり
20151117出雲から陽が昇るシンポジウム
20150801水と火の祭 周藤彌兵衛翁像建立1周年記念
20141123出雲から陽が昇るシンポジウム
20140801周藤彌兵衛翁像建立除幕式
混迷の時代出雲から陽が昇るシンポジウム
第2回縁結び大会
第1回神有月縁結び世界大会









2015年11月17日出雲から陽が昇るシンポジウム

島根県は2005年、「竹島の日」条例制定によって領有権主張を世界に向けて明確にしましたが、国政の場で韓国との交渉はされた形跡がありません。金融資本主義が終焉し、せかいは混迷のときを迎えています。
2009年2月22日に第4回「竹島の日」を迎えました。このままの状態で経済問題が深刻化すれば、必然的に朝鮮半島と日本列島で大きな問題が発生し、国内外で不足の事態が懸念されます。朝鮮半島と対岸の日本列島では、世界に唯一残る冷戦構造と各大国の均衡のなか、時間と空間が機能し、抑制された対立が続いています。他にも沢山問題がありますが、それらを総合的に活かし、出雲大社に伝わる和譲文化を人類共通の財産とするために、このたび「中国古典名言録」を出版しました。当研究所内藤正中理事執筆の「竹島=独島問題入門」出版とあわせまして、記念講演会・シンポジウムを開催いたしました。

チラシ・新聞記事

チラシチラシチラシ

動画

オープニング安重根と伊藤博文講演1講演2
講演3講演4パネルディスカッション分科会1


お問い合せ