お問い合せ
HOME トピックス朝鮮半島と日本列島の使命悠久の河-和の文化を創造世界の平和と水の偉人イベント出版物研究所の歴史アーカイブス電子書籍

2016 年


2016年8月 周藤彌兵衛翁像建立2周年記念 「水と火の祭」を開催

前夜祭 理事長講演の様子
松江市八雲町の若者たちが活動する「八雲ゆう人会」が毎年開催する鯉のぼりイベントに小松電機産業は協力・出店させていただきました。
イベントスケジュールの他に、会場の様子をライブカメラでご覧頂けます。詳しくはイベントページをご覧ください。
会場には八雲の水の偉人「周藤彌兵衛翁」の銅像があります。 是非会場でお立ち寄りいただき御覧ください。

詳細ページへ



2016年8月 周藤彌兵衛翁像建立2周年記念 「水と火の祭」を開催

前夜祭 理事長講演の様子
8月1日は「水の日」。
八雲町に治水の偉人・周藤彌兵衛翁の銅像が建立されて2周年を迎え、これを記念し、水の神様、火の神様、そして先人に感謝し、平和を創る「第2回 水と火の祭」を開催致しました。 日本の発祥地ともいわれる古代出雲国の中心地・意宇郡(おうのこおり)を流れる「悠久の河」意宇川。かつて熊野大社の本宮があったとされる天狗山(熊野山)の湧き水を源流としています。古来、意宇川は氾濫を繰り返し、田畑・家屋を押し流し、人々の命を奪いました。今から250年前の江戸時代、日吉村(現在の八雲町)の大庄屋である周藤彌兵衛翁は私財を投じ、42年かけて剣山の硬い岩山を鑿と槌で切り開き、川の流れを変え、新田を開発、洪水の苦しみから人々を救うために生涯を尽くしました。今も切通しの岩には鑿の跡が残っています。
火の発祥の神社である熊野大社では、天狗山(熊野山)の檜で作られた「火きり臼」と卯ツ木で作られた「火きり杵」で神火をきり出すお祭りがあります。
出雲国造の代替わりのときに行われる「火継式」でも、熊野大社で起こされた火で調理された御食(みけ)をいただくことではじめて世継ぎがなされると考えられています。「火」は「霊(ひ)」と同一にみなされ、命の根源的な力とされています。
こうした歴史と伝統を受け、「水と火と人の輪」をテーマに「第2回 水と火の祭」を開催致しました。

詳細ページへ



2016年11月 悠久の河シンポジウムを開催

前夜祭 理事長講演の様子
 1994年に設立された人間自然科学研究所は、「古きを訪ね新しきを知る」格言をいかし郷土の偉人を発掘する「一村一志」運動を提唱、周藤彌兵衛翁の小説・漫画・児童文学の出版・朗読テープなど、8年の歳月をかけ清原・大梶翁の「出雲三兵衛」シリーズを完成させました。
 また、同年開催した「縁結び世界大会」を皮切りに、200~500人規模のシンポジウムを12回開催してまいりました。
 また、韓国、中国をはじめとするアジア諸国、露国、米国、欧州など世界各国の戦争・平和記念館を訪問、学習・献花・寄付活動を行い、とくに島根・鳥取・広島・岡山から徴兵編成された松江63連隊兵士が中国側に甚大な災難を与え、日本側も大打撃を被った日中戦争の激戦地・中国山東省で孔子・孟子・周藤・清原翁の銅像を制作、関係者の協力のもと建立させていただきました。また、ベルタ・フォン・ズットナーは第一次世界大戦前に小説『武器を捨てよ』『空の野蛮化』を表し世界的平和活動に従事、女性初ノーベル平和賞を受賞しました。カーネギー財団によって建設された世界平和宮(現国際司法裁判所)100周年を記念して作られたイングリッド・ロレマ氏制作のベルタ・フォン・ズットナーの青春像を、カーネギー財団の了解を得て、人類進化による永遠の平和を目指して「特別の平和使者」として国内外に建立する呼びかけをしてまいりました。
 1945年8月15日の昭和天皇の放送日を終戦記念日と定めた日本は、人類の戦争を終わりにする役割を担った国家と理解し、戦後責任を果たす立場の先駆けとして米国・露国・中国の3大核大国の賛同を得て、結節点である朝鮮半島と日本列島を非核化、世界恒久平和の発祥地とし、日本の発祥地とも言われるやくも立つ出雲から、活動を続けてまいりました。
 20余年の実績を背景に国内はもとより沖縄・韓国・中国そしてオランダ・ハーグ、オーストリア・ウィーンをはじめ世界の志ある人々と力を合わせ、平和事業構想を、一気に具現化できる「ビッグチャンス」が来たと認識しています。
 人類の特性と歴史を考察、言葉・文字の再定義を図り、共感のステージをととのえ、対立・統合・発展がスパイラル状に進化する「新しい和の文化」が生まれるプラットフォームとして、ワイン・コミュニケーション文化の創造を目指しています。
 『日本の縁結びの地から、人類史における世界の縁結びの地へ昇華』やくも立つ日本出雲の地から、地方創生、女性が輝く社会の実現をキーワードに、シンポジウム「悠久の河」を開催いたしした。
 
詳細ページへ